粥川 愛

かゆかわ あい Ai Kayukawa

 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学大学院修士課程修了。文化庁新進芸術家海外研修生、及びポーランド政府給費留学生として渡欧。ワルシャワ・ショパン音楽大学研究科を満場一致の賛辞を得て修了。

 第14回日本モーツァルト音楽コンクール第1位受賞。第4回エウテルぺ国際ピアノコンクール第1位受賞(イタリア)。第10回モーツァルト国際コンクールにて、特別賞にあたるベーレンライター・ウアテクスト賞受賞(ザルツブルク)。第8回J.S.バッハ国際ピアノコンクールにて、第4位(1位該当なし)受賞(ヴュルツブルク)。

 在学中よりワルシャワを始めヨーロッパ各地で演奏活動を行い、「Najdłuższe Urodziny Fryderyk Chopin200lat」演奏会のオープニングに、唯一の日本人として出演しBBCを始め世界中のメディアで放送される。NHKカルチャー主催文化交流祭においてワルシャワとパリで行われたショパン生誕200年記念演奏会出演。ワルシャワ・コルデガルダショパンより招聘されオールショパンプログラムによる2度のリサイタル、イタリア・コラートでのソロリサイタル、共に好評を博す。帰国後、NHK-FM名曲リサイタルに出演。
 2015年王子ホールのリサイタルでは「―― 本物の味わいとオリジナリティに富んだ表現、リズムの切れ味と力強さに脱帽――」(音楽誌ショパン)「―― 表情は風景が自然界と同化して、ときに鳥のさえずりのような爽やかな歌声が聞こえる。気品のある香りを醸し出し、濃淡のグラデーションが美しい。彼女の音は良く伸びる。――」(音楽誌ムジカノーヴァ)等各誌で批評を受ける。
 故郷において、岐阜県文化・スポーツ功績賞(旧岐阜県民栄誉賞)受賞。岐阜県立加納高等学校音楽科卒業生最優秀者に贈られる第1回ダンテ伊藤賞受賞。同校100周年記念式典にて特別オーケストラと共演の他、これまでにソリストとして藝大フィルハーモニア、東京モーツァルトプレイアーズ、くにたち室内管弦楽団、愛知室内オーケストラ、岐阜県交響楽団、イェナフィルハーモニー管弦楽団(ドイツ)等と共演。

 バロックから近現代まで常に幅広くレパートリーを開拓しながら、ソロリサイタルを始め、オーケストラのソリスト、室内楽のアンサンブルピアニスト、ソプラノの妹・恵理子とのデュオ等、様々な演奏活動を行っている。

 これまで可知啓子、長野量雄、坪田昭三、山城浩一、エヴァ・ポブウォツカの各氏に師事。フォルテピアノ(古楽器)を小倉貴久子氏に師事。

 現在、桜美林大学芸術文化学群音楽専修講師。

1993年
岐阜県小中学生作曲コンクール最優秀賞
1994年
岐阜県小中学生作曲コンクール最優秀賞(2年連続)
1998年
YPF(Yamaha Piano Festival)岐阜本選会最優秀賞
2001年
第3回日本演奏家コンクール全国大会高校生の部第3位(1位該当無し)。同入賞者記念演奏会出演
第3回岐阜市新進演奏家オーディション最年少合格。同コンサート出演
2002年
岐阜県立加納高等学校音楽科卒業生最優秀者に贈られる第1回ダンテ伊藤賞受賞
2003年
第19回日本ピアノ教育連盟オーディション全国大会大学生の部入賞。同入賞者記念演奏会出演
2005年
芸大奏楽堂モーニングコンサートにて、故佐藤功太郎指揮 芸大フィルハーモニアとチャイコフスキー作曲ピアノ協奏曲第1番を共演
2007年
第8回ローゼンストック国際ピアノコンクール第3位(1位該当無し)
2009年
第14回日本モーツァルト音楽コンクール・ピアノ部門1位入賞
ワイマールにてコンサート出演、およびグンター・カーラート指揮 イェナフィルハーモニー管弦楽団とモーツァルト ピアノ協奏曲第9番を共演
日本モーツァルト協会例会にて、東京モーツァルトプレイアーズと共演
2010年
第4回エウテルぺ国際ピアノコンクール(イタリア)第1位
岐阜県文化・スポーツ功績賞(旧岐阜県民栄誉賞)受賞
2011年
第10回モーツァルト国際コンクール・ピアノ部門にてディプロマ、ベーレンライターウアテクスト賞を受賞
2012年
桜美林大学音楽専修ピアノ非常勤講師就任
愛知室内オーケストラとモーツァルト 2台のピアノのための協奏曲K. 365を共演
2013年
第8回J.S.バッハ国際ピアノコンクール(ドイツ・ヴュルツブルク)第4位(1位該当無し)受賞
2014年
角田鋼亮指揮 くにたち室内管弦楽団と、ラヴェル作曲ピアノ協奏曲ト長調を共演。
今村能指揮 岐阜県交響楽団と、ショパン作曲ピアノ協奏曲ホ短調を共演。
2015年
加納高等学校創立100周年記念特別オーケストラと、ラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲第2番ハ短調を共演。




粥川愛写真